Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。

もうすっかりと冬ですね。

いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

それでは、前回ブログでも触れましたが11月8日の模様をご紹介します。

今回は会合模様よりもJAPONISMの直営店の銀座GLOSS様の店内のご紹介を中心に、注目アイテムと共に
ご紹介をしたいと思います。

それではエントランスより。

DSC00719.jpg
DSC00721.jpg

初めに訪れた時は、こんなところに!!と思えるほどの佇まい。

しかし、店内は驚愕の品揃え。

さすがは直営店!

DSC00723.jpg

今回はやはり注目の PROJECTIONラインのHigh Stage(ハイステージ)モデルとも言われるほどの完成度とデザイン性を
誇る JP-016の5番カラー(Whitegold&Silver)と1番カラー(Silver)を中心に激写をして来ましたのでご覧ください!

定番のシルバーはフロント上部リムがマットシルバーなんですが、普通の艶無しと一味違います。
ブラスト処理で一層渋さを演出。
アンダーリムはポリッシュシルバーでJAPONISMお得意の上下異なるカラーで渋いだけでは片付けられない色です。

DSC00724.jpg

こちらは小生購入します色でございます。
上リムは上品なポリッシュゴールド、アンダーリムはポリッシュシルバーのコンビネーション。
はっきり言いまして、自分には似合わない色かもしれませんが、色が気に入ったんです。
今後しばらくは買うことが無いであろうゴールドメタルフレームをあえて今回オーダーすることにしました。
12月に入手予定ですので、今度じっくりとご覧頂きたいと思います。
実は SPECIAL EDITION なんですが詳細は口止め(今は平気かな?)をされているので次回にでもと思います。

DSC00728.jpg

DSC00725.jpg
DSC00726.jpg
DSC00729.jpg
DSC00730.jpg
DSC00733.jpg

それでは、ハイステージ最新作のJN-1004。
DSC00746.jpg
DSC00747.jpg
DSC00748.jpg

そして壮観なハイステージコーナー!

DSC00749.jpg
DSC00750.jpg
DSC00756.jpg

意味も無くデイトナ。

DSC00760.jpg

店内をぐるりと。

DSC00752.jpg
DSC00753.jpg
DSC00754.jpg
DSC00755.jpg
DSC00757.jpg
DSC00758.jpg

いかがでしたか?
驚愕の品揃えと限定品、スペシャルエディションも多数ございます。

そして新作をご覧ください。

DSC00736.jpg
DSC00738.jpg
DSC00742.jpg
DSC00759.jpg

いかがだったでしょうか?
新作とGLOSS店内のご紹介でした。
私も特に用も無く立ち寄るのも店長さんや店員さんの人柄のよさに惹かれます。
やはり商売は人なんだなぁって思わせる数少ないお店なのです。
用がないなら来るなって言わないでくださいね(笑)


BVLGARIが・・・・。
これも冬の装いなのでしょうか?

DSC00767.jpg
DSC00770.jpg

ここから、へちもんに移動。

今回はカンプレ氏との会合です。

DSC00772.jpg

DSC00773.jpg

メニューが一新されたようです。

でも定番安定の手羽焼きは毎度の事。

DSC00774.jpg

DSC00777.jpg

カンプレ氏のリクエスト。

鳥皮&砂肝。

これもまた美味です。

DSC00779.jpg

最近ハイボール(コーラハイボール)を飲むようになりました。
気になった 山崎プレミアムハイボール!

DSC00781.jpg
まろやかで風味香りもさすが!飲みやすく上質だとわかります。
また飲もぜ!高いけど(笑)

コーラハイボール。
まぁ、言ってしまえばコークハイですが何故か悪酔いしなくなりました。

DSC00782.jpg

カンプレ氏も意外と甘いのいけるみたい。
ショコラプリン!

今度頼んでみようかな。

DSC00783.jpg

紹介が雑になりましたが、総じて楽しかったのは変わりありません。

写真が無い言い訳は、話が弾むあまりです・・。

いやぁ、場所もいいと会も盛り上がると言うもの。

そして、へちもん店長の「まこっちゃん」が姉妹店へ異動となり会も動揺しました。(笑)

詳細はは次回ご紹介したいと思いますのでお楽しみに!

それではまた!



スポンサーサイト
こんばんは。

すっかりと寒くなり、冬も近くなってまいりました。

いかがお過ごしでしょうか?

実は今まで使っていましたパソコンが故障しました。

今年2月からパーツを集め、5月に組み上がったパソコンをパーツ中心にご紹介します。

本当は、カンプレ氏の家の映画鑑賞会の記事を書こうと思ったのですが、素材が少かったので記事にならないと判断しました。次回の鑑賞会でお知らせしたいと思います。

それと8日にへちもん会もあったのですが、先にこちらを書こうかなって思います。

そうですね、まずはケースから紹介します。

Corsair Obsidian 250D です。

なぜ、これにしたかと言いますとコンパクトなのにしっかりとした拡張性でしょうか?

大型グラフィックカードや大型の水冷クーラーが載ることが決め手です。

しかし、良いことばかりではありません。

悪い所は作りの雑な所がある。

バックプレートの開口が少し小さい、側板がペラい。

全般的に剛性が不足している感じです。

しかし、デザインは結構いいので気に入っています。

top.jpg

CPU はインテル Core i7 4771

これは言うまでもないですね。

CPUです(笑)

30581.jpg

ASUS MAXIMUS VI IMPACT マザーボードです。

ゲーマー向けのMini-ITXはこれでしょうね。

ROGは私は好きですので。

まぁ、ケース、マザーボードを初めに決めたんです。

自作のテーマは 小さな巨人 です。

なんて考えていましたが、さらなる難問が待ち構えていることは、現時点では気が付いていませんでした。

maximus_vi_impact.jpg

Corsair CMD16GX3M2A1866C9

メモリーはスロットが2枚しかありませんので、8GBを2枚で16GBとしました。

ハイエンドなメモリーを今回は選びました。
かっこいいです。

組んだら見えなくなるですが、ジサッカーってやつはもう・・・・・。

cmd16gx3m2a1866c9.jpg

WESTERN DIGITAL WD40EZRX 4TB SATA600

今回はHDDは4TBを1つ搭載。


91sAlgf-eZL__SL1500_.jpg

サムスン 840 PRO Series MZ-7PD256B/IT
SSDは256GBのレビューで評価の高いサムスンのPROシリーズ。

K0000431722_0002.jpg

EVGA GeForce GTX 780 SUPERCLOCKED with ACX

私はPCで3DゲームをやるのでGTX780をチョイスしました。

今はもうGTX980が出ましたから、そんなには新しくはないですがシングルでも十分なパワーですね。

ドラクエベンチで20000近いスコアを叩き出します。

今はそんなでもないかも・・・。

71qYpLpIfUL__SL1200_.jpg

電源はこだわりました。
Seasonic Xseries XP2 SS-860XP2。

初のプラチナ認定。

実はエナーマックスに使用かと思いましたが、同じ850ワット付近ではケーブルがプラグインでなかった事と、値段が高めだったので、こちらもレビュー評価の高いシーソニック(オウルテック)にしました。

SS-XP2_bn.jpg

そして今回の大きな目玉!

ENERMAX ELC-LT240-HP

初CPU水冷クーラーです。
いやぁ、かっこいいです。

ELC-LT240-HP_product-view.jpg

以上、さらりとパーツをご紹介しました。

そして、単純に小さくハイパワーなマシンを作ろうと安易に思うと、意外と苦労します。

そして、必ずすんなりと組み上がらないのが自作マシン。

なにかしらトラブルや設計ミスが出ます。

今回のトラブルを以下にまとめます。

・パーツ干渉
これは、自作する以上は避けて通れません。
回避方法は余裕を持たせてケースを選ぶ以外にないです。
それと、そのパーツについて詳しくレビューで寸法を測り、だいたい頭の中で整理する。

私は今回、しつこいくらいにこのケースにこの大型ラジエーターがちゃんと搭載出来るのか?
出来たが、フロント吸気ファンを交換した200mmの物と見事に干渉。
ラジエーターをひっくり返しても無理。

しょうがないので140mmファンに交換しました。
(標準装備のファンはうるさいので静かで高性能なもの)

・IOパネルが合わない。

これはびっくりしましたね。
ケース後方のIOパネルの開口が小さいのか?マザーボードのIOパネルが大きいのか?
これは思いっきり押し込んでなんとかチカラ技でクリアしましたが、若干反っているが、接続に問題ない。

・何故かフロントのヘッドフォンジャックが使えない。
これは無視です(笑)

・やはり240mmもあるデュアルファン仕様の大型ラジエーターを搭載した弊害がリアファンに。
ケース後方に80mmファンを2基搭載できるのですが(オプションです)どうしてもラジエーターチューブに干渉。
ケースファンが厚み25mmとかが標準ですが、1基は25mmはいけるのですがチューブに干渉する場所は15mmの薄型ファンにしました。

・やはり作業スペースが狭い。
ケーブルマネジメントが苦労しました。
ブルーレイドライブを搭載するのもラジエーターとギリギリでした。
これは、前に友人のPCを作った時に思いっきり小さなケース(薄型)にして、それを作った経験が生かされた。
それと、自作はもうかれこれ10台位になる経験ですね。

以上が今回のトラブルでした。

そして、なんと言っても小型パソコンはエアフローも大事なファクターですね。

基本は正圧です。(自分はそう思っています)

正圧は排気より吸気が大きい事で、負圧はその逆ですね。

このケースは横面はグラフィックボードの排気、水冷ラジエーターの吸気(これはエアフローの為)です。
フロントは吸気です。
リア80mm2基は排気になります。

140mmファンが1基、サイドの水冷ラジエーター120mmファン2基で吸気が合計3基。
リア80mmファン2基です。
グラフィックスカード、電源ユニットのファンは個別排気ですので、影響は無いです。

現在、まだまだドライバーやら設定やらやってる最中ですが、すこぶる快調に動作しています。

当たり前ですね(笑)

本当に小さいです。

t640_634553.jpg

以上製作レビューとさせて頂きました。

それでは!

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。