Photo Gallery

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは。

さてさて、箱根美術館巡り後編のご紹介です。

ここは、初めて訪れましたが、いやぁ~ガラスがとっても綺麗でしたね。

色が鮮やかの中にも重みのある色彩とでも言うのでしょうか。

ここでも、解説など出来る筈もないので、簡単な感想位でご紹介して行きます。

ますはエントランスから。
DSC00340.jpg
DSC00358.jpg

イタリアの水の都、ヴェネチアをイメージしている建物。
DSC00348.jpg
DSC00349.jpg
暑いんです、デイトナ。
DSC00346.jpg
DSC00350.jpg

ボート!?
DSC00351.jpg
ここが見どころのガラスの回廊。いやぁ、圧巻ですね。綺麗です。
DSC00354.jpg
ミュージアム内は18世紀頃のアイテムを展示。
DSC00359.jpg
趣のあるガラス器。
DSC00371.jpg
趣のある?デイトナっ!
DSC00447.jpg
DSC00377.jpg
DSC00378.jpg
DSC00369.jpg
DSC00367.jpg
DSC00397.jpg
DSC00394.jpg
DSC00398.jpg
DSC00393.jpg
DSC00390.jpg
DSC00374.jpg
DSC00383.jpg
DSC00384.jpg
DSC00372.jpg
DSC00491.jpg
おみやげでもガラス器等購入出来ますが、なかなか高価ですね。綺麗です。
DSC00428.jpg

DSC00382.jpg

DSC00426.jpg
館内にあるイタリアンレストラン。
DSC00456.jpg
イベリコ豚ベーコンのアマトリチャーナ。濃厚でまいうーでした。
DSC00454.jpg
綺麗なガラス器類。
DSC00436.jpg
馬のガラス細工。これがまた素晴らしい!
DSC00435.jpg
DSC00431.jpg
DSC00430.jpg
DSC00444.jpg

あじさいの滝だそうな。
DSC00461.jpg

DSC00485.jpg

DSC00460.jpg

DSC00457.jpg

DSC00464.jpg

DSC00474.jpg

いやぁ、館内のミュージアムは冷房が効いてたので涼しい思いもできましたが、おもては暑かった!
箱根に行く機会があれば是非ともお立ち寄り頂きたい場所でございました。

都会の喧騒を離れて、山の空気を吸いに行くのもよろしいかと思う次第です。

それでは、第2回へちもん会で!
スポンサーサイト
おはようございます。

7月26日に、箱根美術館巡りをしてきました。

今回は第一部として、お馴染みの彫刻の森美術館編をお届けいたします。

いやぁ、まいりましたね渋滞がひどくて。

予定より1時間半程遅れてしまいました、渋滞認識の甘さですね。

自分は芸術に精通している訳ではありませんけど、興味はあるんです。

説明なんかできませんが、駆け足で画像の数々をご紹介していく形でご覧頂けたらと思います。

まずはエントランスから。



DSC00284.jpg

DSC00292.jpg

箱根の青空に素晴らしい彫刻が飛んでいます!

DSC00289.jpg

お馴染みの彫刻ですね。

DSC00291.jpg

DSC00295.jpg

DSC00298.jpg

DSC00301.jpg

ピカソ館、ヘンリームーア館内は撮影禁止ですね。

DSC00310.jpg

DSC00316.jpg

個人的に気に入ってしまった作品です。

DSC00318.jpg

DSC00319.jpg

DSC00320.jpg

DSC00324.jpg

DSC00326.jpg

DSC00304.jpg

DSC00305.jpg

DSC00303.jpg

DSC00333.jpg

DSC00332.jpg

DSC00321.jpg

DSC00325.jpg

DSC00315.jpg

DSC00314.jpg

DSC00307.jpg



DSC00337.jpg

今回3度目の訪問になりますが、夏は止めようと思いました!

秋、春はもっとゆったりと堪能出来るかと思います。

お馴染みの作品オブジェ等見受けられますが、やはりどれも素晴らしい作品ですね!

また来たいと思いました!

次回は箱根ガラスの森美術館にてお会いしましょう!

ありがとうございました。(デイトナはガラスの森で登場します!単に撮影し忘れでした!)
こんばんは。

先日の会合の続編になります。



早速氷点下のスーパードライです。
これはキンキンに冷えてて、いつもすぐ飲みほしてしまいます。
まいうーですわ。

いつもの堀ごたつ席です。



まだ19時には時間があるなぁ、酔っぱらいそうです。



イチオシの手羽、特にこれはまいうーです!他の串も間違いなし!

今回初めて頼んだローストビーフサラダでしたが、これまた絶品なのでした。


JAPONISM (ジャポニスム)JN-1003 Navy/アーススパイダーも最高です。



JAPONISM JN-1004 カスタム これは世界で1本しか存在しないのだ。

メインのブロー部に暗めのワインレッドメタリック。テンプルにマットブラックを合わせ、モダンはアクアスパイダーで完結。


ROLEX Ref.116520

名古屋コーチンはすぴねる君の大好物。後はせせりかなぁ~。酔っぱらうと水しか頼まないんだよなぁ(笑)

私と電話すると結構長電話になる確率大なので、プラントロニクスのヘッドセットを進呈。
NASAで使ってるメーカーなのです。

それと、昼に松屋銀座の時計サロンでゲットしたROLEXのカタログ。
実に紙の質がいいですね。まるで本ですよもう!

すぴねる君由来のブラックスピネルのネックレス。
これはなかなか手に入らないグレードだそうです。

すぴねる君の腕にきらめくルチルクォーツとスーパーセブン。
どちらもすごいグレードです。
(自分のは格安石なので次回にでも・・・・)


こんな具合にメガネの展示会の話や、デイトナのお披露目、カタログ進呈や時計の話やらなんやら・・・。
10時半お開きとなりました。



三脚も大活躍なのでした。

ちょっと中身の無い紹介となってしまいましたが、回を追うごとにクオリティーアップをしていけたらと思います。

よろしくお願いします。

どうもありがとうございました。
おはようございます。

今、決勝戦の終了ホイッスルが吹かれました。

アルゼンチンサポーターの私ですが、ドイツ優勝を素直におめでとうと言いたい。

残念でしたが、これもサッカー。勝者は1つです。

良い試合をしてくれたのが救いです。(大量得点も囁かれていました。)

勝負は紙一重だと言う事。決定的な場面を決めるか決めないかの差、そこまで持っていける力の差でしょう。

しかし、サッカーが終わった訳ではありません。

すでに4年後を目指しているのだから。

命尽きるまで、ワールドカップの夢を見続けるとしよう。



さぁ、顔を上げて誇らしく帰ろう!あのDF陣を切り裂くドリブルをまた見せてほしい!



こんにちは。

久しぶりの更新となります。

さて、予定していたへちもん会ですが昼の部は都合により中止となりました。

どうしたものかと思っていたら、丁度 銀座GLOSS様より案内ハガキが届いておりました。

JAPONISM Material Collection Fair という内容で、天然素材を生かしたモデルの紹介との事です。

やはり、目当ては私自身1年振り再会のデザイナー、笠島博信氏の来店でしょう!

はたして、覚えて頂いているかどうか・・・・。

その前に、Ref 116520 デイトナのブレスの微調整の為、松屋銀座の時計サロンに相談しに。



クラスプ調整をして頂きました。

ついでにカタログをゲッツ!

これはスピネル君に進呈です。(早く買えよな!)

その後、銀座GLOSSへ到着です。

ちょっと時間が早かったか(会合は席の予約は17:00だけど、開始は19:00)

これは全部が竹製モデル。



こちらはセルロイド製。



こちらは高価で希少な鼈甲です。これはいずれ購入したい逸品です。
この色合いやしっとり感が良い具合です。

隣の革製眼鏡入れは単品でも欲しいくらいの完成度です。(これはスペシャルモデル専用です)





竹製モデルの製造過程のちょっとした解説。竹をくりぬく様が見えますね。




そして、衝撃のJN-1003 06カラーのバンブーテンプル!これはさすがに欲しいだろ、スピネル君!

さぁ、予約をするんだ(笑)3本しかないぞ!












どれも感動の逸品!私はあるモデルのカーボンテンプルを出して下さい!と無理を言っています(笑)

今回は、笠島氏と長い時間お話が出来てとても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

カーボンの件、出来たらよろしくお願い致します!

しかし3時間も居座ってしまいました・・。ご迷惑様でした・・・。GLOSSスタッフの皆様、
どうもありがとうございました!

いつも通り賑わう午後の銀座。



さぁ、移動の時間です!




そして、夜の部に移りますが、ここでへちもん会と言う倶楽部名のちゃんとした由来を紹介です。



!!

炭火串焼きダイニング へちもん!

全てはここから始まりました。 都内で良いお店を色々を探していた訳です。

席、雰囲気、場所、等など。



のれんで隣席と仕切られる、現在メインで使用させて頂いているお気に入りの掘りごたつ席と、
趣のあるL字のカウンター席、そばで名古屋コーチンのファイアーが垣間見れます!






へちもんって店、なんだか面白い名前だ。
どんな意味だろう?

好きなモノの話で盛り上がる飲み会。

初めは色々な場所で開催しようって思っていましたが、ここで毎回開催です。

へちもんですかぁ?(飲み会の場所は)ってへちもん会って名前になったのです。



まさかの顔出しOK のまこっちゃんこと、店長の佐藤誠さんです!いつも大変お世話になっています。
一番初めに接客頂いたのが、何を隠そう、まこっちゃんでした。
とても気さくで感じのとっても良い人です。一発で気に入りました!
そして、いつもオーダーを取って頂いている元気でとても美しい店員さん達。
これからもよろしくお願いします!!

今回は昼の部(ひとり)から夜の会へ(へちもんの紹介)迄と致します。

それでは、また!

WHAT'S NEW?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。